もっと輝く人生に!Beautiful Life ~美容整形情報~

人はコンプレックスを持っていると自分に自信を持つ事が難しくなってしまいます。
しかし技術の進歩した現代ではコンプレックスを克服する事が可能なのです。

HOME 二重整形のプチ整形について

二重整形のプチ整形について

テレビや雑誌などのメディアにおいて取り上げられるようになり、何かと話題になっているプチ整形ですが、多くのニーズとしては二重整形での施術でしょう。メスを使用せずに二重まぶたを形成することができますので、身体への影響は軽くダウンタイムも最大で一週間ほどと短いものになっています。

手軽な施術になっていますが、ほかの美容整形と同様で医療行為になりますので、施術方法はもちろんのこと、ダウンタイム期間なども注意して過ごすことが大切になります。多くの症例数をおこなっている美容外科や、担当医を選ぶようにしましょう。

二重整形はダウンタイムが存在する

二重整形は埋没法と切開法という2種類の施術法があります。技術が進歩しているため、埋没法は10分程度、切開法は1時間程度で施術を完了させられます。施術後は、少しアイシングをするだけで全ての工程が完了します。

学校や仕事帰りに施術を受ける事が出来るようになっており、入院をする必要はありません。しかし二重整形後に腫れや内出血をすることがあります。二重ラインの違和感が数日残ってしまうこともあります。どのような施術方法であっても多少のダウンタイムは出てしまいます。ダウンタイムがあることを想定して二重まぶたにする施術を受けるようにしてください。

切開法での二重整形手術もおすすめ

理想とする二重まぶたになるために、二重整形の切開法をするのは、とてもおすすめです。腫れぼったい目の原因となっている、目の上の脂肪も切除することができます。二重にしようとしているヒダ予定線を切開して、余分な脂肪を取った後に縫い合わせていきます。

施術時間は30分から1時間程度となっているので、日帰りで施術を受けることができます。埋没法に比べ、ダウンタウンや費用は高くなってしまい、一見デメリットが多いようにも感じますが、切開法は1度施術を行えば、半永久的に効果が持続しますので、トータルコストで考えた場合には、切開法のほうがお得な美容整形手術となります。

二重整形をするとダウンタイムが発生

切開法と埋没法が代表的な施術方法となっている二重整形は、入院などが必要ないので、手軽に施術を受けられるとして人気があります。切開法では1時間程度、埋没法は10分程度で施術が終わりますので、学校の帰りや仕事の帰りに施術を受けてから帰る事が出来ます。

とても簡単に二重まぶたにすることが出来ますが、ダウンタイムは多少ありますので注意が必要です。どちらの施術方法も普通の生活はすぐに送る事が出来ますが、運動などは出来ないですし、内出血をする可能性がありますので、数日間は目が腫れてしまうこともあります。二重のラインになれることが出来ず、違和感がある場合もあります。

二重整形は埋没法がおすすめ

埋没法は痛みや腫れがなく、短時間で施術を完了させることが出来ます。切開法にくらべ低価格に設定されていることが多いです。二重整形の中で最も安全な施術方法となれていますし、綺麗な二重まぶたを手に入れることが出来ます。

手術は、とても細い特殊な糸を使用し、まぶたの裏側から数点縫い合わせていくだけです。両目を施術しても10分程で終わります。麻酔をしているので、施術中は全く痛みがありませんし、鏡でチェックをしながら二重まぶたにしていきます。縫って留めているだけなので、万が一仕上がりに納得がいかない場合には元に戻すことも可能です。

二重まぶたなら大阪、東京の美容整形、美容外科kunoクリニック

医院名美容整形、美容外科kunoクリニック
東京銀座院〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階
大阪梅田院〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階
最寄駅大阪メトロ御堂筋線梅田駅
大阪メトロ谷町線東梅田駅
大阪メトロ四ツ橋線西梅田駅
阪神電鉄梅田駅
阪急電鉄梅田駅
JR大阪駅
TEL0120-454-902(大阪梅田院)
0120-874-432(東京銀座院)
URLhttp://www.d-biyou.com/

関連

メニュー

TOP 美容整形 周囲に相談してから美容整形 豊胸 二重まぶた 脂肪吸引 脂肪吸引はゆっくり効果が出る マイクロスコープ